「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

『失われたブヒを求めて』その1~ビアンカと片桐さん

みなさん、こんにちは。

以前、熱文字でタツオさんが「ビアンカ病」について話しておられました。
これはドラクエVで「何度やってもフローラでなく、ビアンカを選んでしまう」という病(やまい)ですが、私も間違いなくこれに該当しておりました。

当時小学生だった私は、三周目にしてようやくフローラと結婚しましたが、その後お話を進める途中、とある町で大人になったビアンカに再会すると、愛のない結婚をした後悔からいたたまれなくなってしまい、冒険をやめ世界を救うのを諦めました。

その後、これまた番組内で言っておられましたが、サターンで「ときメモ」をやってるときも、一番最初に好きになってくれる片桐さんを好きになり、なのに藤崎さんにアタックし、失敗しバッドエンドで「女々しい野郎の歌」を聞き、傷ついた私は二周目で片桐さんだけを好きになり、美術館へ通い「ギーガー」の絵を一緒に見て「ビューティフル。いい絵ね」などと言ってくれるのに癒され、一体どんな絵なんだろうとヴィレッジバンガードでギーガーの画集を手に取ってみると、これはエイリアンをデザインをした人のエログロサイバーな絵で衝撃を受け、「まじか・・・。いくらなんでも片桐さん、まじでか・・・」と思いつつも、よく考えたら誘っていたのは毎回自分だし、そもそもこの町はいったい年に何回「H.R.ギーガー展」をやってるんだよ?みんなどういう感性をしてるんだと思いました。

今にして思えば、藤崎さんの爆弾を沈静化させるためだけに、クラシックに誘い、Bボタン(キャンセル)を連打していたときも、必ず演奏会で演奏しているのは「モーツアルト」でしたし、これまたどんだけモーツアルトが好きなんだよ!という気がしますが、なんのかんのいってそれ以後、ちょっとCD買ったり未だにそのときの曲の「ジュピター」が好きだったりするので、その影響力たるや凄まじい物がありました。

それにしても今書いてて思いましたが、この爆弾を鎮火させるシステムすごかったですよね!頬を赤らめて、好意を持ってますよという笑顔と同時に爆弾が存在してて相手しないと「キれる」という。女性心理の複雑さを見事に視覚化しているじゃないですか。なんなら、好意を下げりゃいいのに、好意持ったまんま爆発するという!

しかしこれは、あんまり考えると、藪をつついて大蛇が出てきそうなので、怖くなってきたのでここら辺で止めます、・・・ええと何の話をしてたんだっけ?

ときメモ」でしたね。とにかく片桐さんが未だに一番好きです。そして私は未だに天気予報で「館林」という町の名前を見る度にとうとう雑誌に載ってた、背中に抱きついている特別CGを回収できなかった、館林見晴さんの事を思い出します。

それでは、最後に一曲聴いてもらいましょうかね!私の好きなアニソンのひとつ、『下川みくに』さんで『それが、愛でしょう』

 


フルメタル・パニック?ふもっふ ノンクレジットOP