「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

『失われたブヒを求めて』その6~ナディア

みなさん、こんにちは。

あれは確か小学校三年生だか四年生のとき、「ふしぎの海のナディア」最終回の一話前でした。
家を出たすぐの駐車場で、友人らと「最終回どうなるんだろう」「ナディアのお兄さんが、コンセント抜いたのに動いたの感動した」という話をしたことを覚えています。
時刻は夜で、空には星が輝いていましたが、「ガーゴイルがプラグぶっこ抜いたのはその最終回」なので、記憶がバグってますね。1991年前後ですから、8~9歳くらいでしょうか。
ともかく「ナディアの兄貴が動き出して、あのヘッドギア破壊したシーン」は、放映当時の記憶として覚えています。

さて、ここから先が本題なのですが、
確か「ナディア」って放映当時、毎回番組の終わりに、今でいう「NHK大河ドラマ」の「物語の舞台を訪ねて」、みたいな「ナディアにまつわる舞台の解説」みたいな、コーナーがあったと思うんですが・・・。ありませんでしたっけ?そんで下に字幕かなんか出て、実際の海の映像が映っていた気がするのですが、これは「嘘記憶」ですかね?
さらに踏み込んで言えば、後に主題歌集買って、『FAMILIES(家庭の構造)』って曲を聴いたときに、「あれ、これエンディングの後に流れてなかったっけ?」と感じたことがあります。これはよくある「ミステリーゾーン的」な記憶でしょうか?
それすら「中一」くらいだから、もう何が何やら・・・。どなたか覚えていらっしゃる方いたら教えてください。
あと、(全三十九回)ってバーンと書いてあるのも当時からなんか好きでしたね。
悪の華」見たときに初見で一番ぐっと来たのが、そこでした。
本題じゃありませんでしたね。

えー。で、二回目の遭遇は5年で引っ越して、小学校6年生のとき。
近所の本屋で「ふしぎの海のナディア」の小説版を偶然見つけた私は、思い切って買ってみることにしました。
正確にいうとここで初めて嵌りました。
内容は、これでもかというくらい、「ジャンとナディアの恋愛や内面描写」に特化しまくっていた気がします。
ただ表紙のナディアが可愛くてね!
ナディアってほら、ほとんど半裸じゃないですか!
なんか南極とか行っても、そのスタイル変えないし。まあ、外出るときはなんかあったかいの着てましたけど。
これは、「もう一度見たい!」と思いましたがしかし、新興住宅地に住む小6や中一には、「レンタルビデオ屋」を利用することが出来ない!親にもビデオをレンタルするような習慣はない!
そこで、「フィルムブック」なるものをどこからか発見して、これを買いましてね!・・・エヴァでも買いましたが。
その水色のやつをアホみたいに読みました。
「小6が、小4のときの記憶をトレースする」という、なんか嫌なガキですが。他に方法がないですし、好きになったらそんなもんですよね。
そしたら、だんだんとこう「作品もだけど、実はこのナディアって女の子も好き」になってましたね。
ちゃんと、「パンツ」とか見せてくれますしね!
大変重要なことですよこれは。ドキドキしちゃって、もう。当時たしか、ノートにナディアのイラスト書いて、そのナディアに『クラスで好きだった女の子』がよく着てた、カーキ色で胸のあたりにこげ茶色のギザギザした模様のあるトレーナー書いて着せたりしてましたね!!!早川さんだったかな!?いやー。小学生ってすごいですねー!そりゃ今やったらヤバイでしょうけど!まあいいじゃないですか。え駄目?じゃあもう死にます!

その後なんやかんやで、とうとう駅前のビデオ屋へなんとか親に連れて行ってもらい、ついに「全話もう一度みること」が叶いました。いやー、そのときは感動しましたね!まさかレンタルビデオ屋に「ふしぎの海のナディア」が置いてるなんて思わなかったわ!「無人島でジャンと二人きり」になったりとか、「新ノーチラス号発掘する」のとか超面白かったですね。すげーでかい爆弾をレッドノアがノーチラス号にどかどか落としてるのとか!
そんで「劇場版ふしぎの海のナディア」なんつーのも借りてきて見ました。
それは確か小説版も読んだはずですが、なんか「赤いスーツ姿のナディアがこちらを向いている絵柄」しか覚えてないですね。
・・・あれは、一体なんだったんだろう。
とにかく、エレクトラさんとグランディスさんが嫌いでしたね!
もうナディアが好きで好きで・・・ううう。

そして、三度目はこれはもう大学のときですね。
なんとなく、もう一度ちゃんと見てみたくなったので。
ですが、もう「全力で真正面から受け止める時期」では無くなっていました。
このときのことで思い出すのは、「キングとメカキングで、島中を競争する」、「ジャンが幻覚キノコ喰ってラリる」、「アフリカで突然、ナディアに好きな人が出来る」という、その「記憶にないエピソードたち」に衝撃を受けまくりました。なんでしょう、ガンダム見てて、「ククルス・ドアンの島」とか見てびびったみたいな。エヴァの「ジェットアローン」の回見てびびったみたいな。
ですがもう恋は終わっていたんですね。
「アルバムを見るの?いいわよ」っつって、ときめもで片桐さんとアルバム見てるようなもんですよ。そうですねそのころはもう、付き合ってたんですね。もう別れました。

しかし今考えりゃ、グランディスさんとかエレクトラさんとか最高じゃん!グランディスさん結婚してくれ!そんで中二から中三にかけて、「エヴァンゲリオン」に突入するわけです。そんで、未だに「新劇場版エヴァンゲリオン」に突入し続けているわけですね!!!!トンネル長っ!つーか、なんなんだよ!俺はずーっと「庵野秀明」と「貞本義行」たちの手の平の上で踊らされているだけじゃねーか!お釈迦様かお前ら!もう四半世紀経つというのに!!!

ということで「ナディア」は私の初恋の人でした。
そして「ふしぎの海のナディア」は間違いなく、テレビアニメで初めてアニメらしい嵌り方をした作品ですね。
まだ「萌え」も「メタ」も知らない、遙か昔のお話です。

さあそれでは最後に、一曲聴いてもらいましょうかね。
『Oranges & Lemons』で『Raspberry Heaven』。


Raspberry Heaven w/Romaji and english lyrics