読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

『失われたブヒを求めて』その7~美希、やよい、あずささん、真美

コラム

みなさん、こんにちは。

確かあれはアニメ会の『ヲタメシ』を聞いていたときでしたね、アイドルマスターを見ることにしたのは。それで、CMで『アイドルマスター2』発売!と言われて、発売日に買ってきました。センターは誰にしようかな~・・・この子にしようっつって『美希』にしましたね。
いやー何を言っても、どう機嫌を取っても全部反応悪くてね。地獄でしたね!

そして、アニメもどんどん面白くなるころ、我々のアイドルグループは「IA大賞」などかすりもせず、夜のスタジアム脇の通路みたいなとこで集まって「ごめん、ホントごめんみんな・・・」「元気だしてよハニー」「ごめん!」っつって土下座ですよ。「こっちまで悲しくなってくるよ~」「すまん・・・」「いや~なにあれ~・・・」「え・・・え~ん」「うううう!」「うわ~ん!!!」っていう感じで解散しました。この私のプロデュース能力の無さね。磨けば光るダイヤの原石を軒並みただの磨りガラスに変えてしまうこの手腕。
まずそもそも、入社当日の朝にぶつかってきた、金髪の女の子に速攻で惚れるっていう、この恋愛体質は一番あってはならない資質といえるでしょうね。ちなみに、ゲームやりながらアニメ見てたから、もう中盤からは美希のことしか考えらんなくてね。
テレビの「この眼鏡野郎」はどんどんうまいことやってんのに俺は・・・!またゲームしながら、歯ぎしりですよ!何回目だもう!あ。ほら、このコラムの第一回もそもそも「ビアンカ病」についてだったから、ここでもまた同じ失敗を繰り替えしているわけですよ。「藤崎詩織」にいきなり行くというね。

今よくよく思い出したら、「ダカーポ」やってたときも、いろいろフラフラ話かけてたら、フルート吹いてる子にフラグが立っちゃってね!また一からやり直しました。そんな、よく知りもしない女の子とセックスを前提としたエピソードなんか進められませんよ!セックスしながらだんだん恋愛関係になっていく「SEX FRIEND」みたいなゲームなら全然オッケーだけど。逆は無理だな。
そんで「ダカーポ2」になったら、ヒロイン二人になっているっていうね。どうしよう?どうしろと言うんだよ。姉も妹も最高だし。ここでもまたゲームの雰囲気に飲まれて?女の色香に惑わされてか。いろんな女の子に話しかけてフラフラして・・・。こっちはどうなったか忘れたけど。

こんときの体験を思い出すと、「ハーレムエンド」っていうのもそれはそれで、なかなか理にかなってるような気がしてきますね。「手におえない火災を消すときには、ニトロで派手にぶっ飛ばすんだぜ」っつって金田も言ってたし。松崎住職の言わんとすることに一番接近できる気がする。

しまった、「ダカーポ」についてはまた別の機会に書くつもりだったのに。
アイドルマスター」でしたね。次はこれ、『やよい』ですよ。
最初のグループに入れてたら、気に入っちゃってね。・・・あと一人は忘れたな。
この子なら、アイドルやってなくてもたぶん大丈夫だろう。トップアイドルにできなくても、自分を許してくれるだろうと思って、センターにしました。
そのすえ見事、優勝ですよ!お守りとかようやく増えてきたし。
いやー、やよいはよかった。「うっうー!」っつって。
こっちも毎日「うっうー」「うっうー」つって、友達来てるのにテレビに「うっうー」言いまくりました。引いてました。いやー可愛かった!
録画のやよい回を見直したりしてね。
そうか、それでお財布ずっと首からさげてんのかー。っつって、ウイスキー飲みながら受賞式で泣きましたね!ぽちっとなってなもんですよ。

ところで、アニメ版「アイマス」で私が一番好きな回は、『あずささん』の横浜をウェディングドレスを着て走る話です。
もちろん千早の回とか号泣してましたけど、あの話よかった。
「プリティー・ブライド」とか、アメリカのコメディ映画みたいな、幸せな感じ最高でしたね!横浜行ったときに、ここがあのあずささんが迷った輪っかの歩道橋か!ここがあのあずささんの走った、大桟橋か!と、じーんと来ました。

あずささんで思い出したけど、彼女の旦那さんは、podcastの『二次元妻帯者の夜 Hz』をされているお三方の一人、松崎住職なんですが、これは有り難いですね。聞く度に、いやこれは本当に有り難いなーと思って。親鸞的な意味じゃなくてね。
なぜかというと、あずささんって結構ほら、元OLさんだし、なんか妙にリアルだから「彼女は独身だったら、萌えらんない」んですよ。俺が。
でも、既婚者なら会話できるし、なんか安心感あって。会社でも、独身の人相手の方が緊張するでしょ?ラジオ聞くようになって、それが染みてきましてね。最近あずささんに萌えられるようになって、本当に有り難いなと思っています。

あと、三平さんのお嫁さんである「つかさ姉さん」はもう以前からずっと知っていたので、ノロケ話は「あー仲いいなー」っつって、聞いてるとすごく幸せな気持ちになれるんですが、どいちゅーさんの「セイバーは俺の嫁」っていうのすごくないですか!?「セイバーさん」ですよ、あの。すごすぎるでしょ!これはうらやましいけど、「セイバーさん」でしょ?あの。あー・・・でも帰ったら、正座して待っているセイバーさん想像したら、やばいなー。彼女は、言葉使いも姿勢もいいですからねー。
セイバーさんはそうだな・・・。どっちかっていうと、私の場合は彼女に切られて死にたいですね。それか「貴様は切るにすら値しない」とか言われて、殴られて終わりみたいな。

えーと。んで、アニメが終わってしばらく経つころには、もう雑居ビルだった「765プロ」の事務所も、グーグルの本社みたいになってましたね。ええ。もちろん、美希にも新ユニットで優勝していだたきました。

ところで、「アイドルマスター」で一番好きなキャラは、今考えると「双海真美」でしたね。
理由は申すまでもなく、「竜宮小町」に鬼のような対抗意識を燃やしたからです。何を言ってるんだと。俺の真美のユニットの方が最高なんだと。てか竜宮小町って、バランス良すぎるだろ。いいなー。竜宮小町!最高だよ・・・。
「真美」でラスト、受賞式典で「Do-Dai」って曲やったときは、本当に感動しました。
真美は好きだなー。今でも大好きですね!

さて、では今日はこの辺で失礼します。
最後に一曲聴いて下さい。「川田まみ」で『get my way』。


Hayate No Gotoku! Ending 2 - Get My Way - (CREDITLESS)