読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

アニメ「91days」の第8話を見た!<ネタバレ注意>

うお!超面白い!爆笑した!!!

って、あれ?てっきり私は「この眼鏡」が、将来ドン・コルテオーネになるんだと思ってたんですけどね。
だってほら、お前どこで酒を密造するスキル身に着けたんだよ?とか。
他にも、アンジェロに「兄弟にならないか」とか言ってみたり。
イタリア系のアンジェロの家の使用人だったら、コルテオはユダヤ系じゃないの?
酒の名前だって、「LAWLESS HEAVEN」。つまり、カナンの地、イスラエルのことですね(超適当)。

なのでこいつが、手紙を出した張本人だと思ってたわ。
惨劇の下手人のもう一人は、「コルテオの親父」で、この男は禁酒法施行以前に、酒造会社で働いてた。
それが落ちぶれて、マカロニ野郎の使用人になっている。
アヴィリオの親父と当時のドンで、ヴィンセント切ろうとしてたんよ。
そのための資金用に裏帳簿作ってて、パクったのこいつ。

んで、濡れ衣着せて「裏金」着服してたんだけど、今のヴァネッティ・ファミリーのドン、ヴィンセントにバレて、「裏切者は信用できねー」っつって、母親ともどもぶっ殺されて、残されたコルテオはマフィアを激しく嫌悪。
親父のレシピを元に、密造酒を作り、マフィアを壊滅することを決意。
このとき、わずか10歳。
「不幸な境遇?・・・そうだな。でもそれが、お前だけだと思っていたか?アヴィリオオオオオオ」っつって一人で満月の夜に激高。

数年後、計画を練り上げたコルテオは手紙を送る。
アンジェロの性格を知り付くしている彼は、どんどんこいつを焚き付けて、マフィアに接近。
ヴァネッティとオルコの長年の関係にも、この酒でヒビを入れて、両方を弱らせる。
ガラッシアの結婚相手の男も、アンジェロを使って始末・・・。

とかぶつぶつ考えてたのに!!!
いや、わからんぞ!
こいつは、ヨハン並みの天才かもしれん。
そうです、まだ演技なのです。

ファンゴかネロを始末するために、わざと失態を演じるコルテオ
が、その本当の目的はFBIを二人とも消すことだった・・・。
ネロの暗殺には失敗したから、かくまってもらうフリしてファンゴを始末・・・!!!
今「ここ」なんすよ!

だから、煙草吸えないフリとかあれ全部演技です。
見透かしてんだよ!あいつは!!!
ディアボロ(悪魔)なんだ!!!
もしくは一回「死神のノート」手放して、記憶消してんだ!だから、あんな「素」の反応ができる。
計算通り動いてるんだよ!
眼鏡はずしたら、すげぇ怖い顔して笑いだすんだ。そうに違いない!

見事、ネロを射殺して復讐を果たしたアヴィリオ!
その瞬間、待ってましたとばかりに、「アウトレイジ」の加藤ばりに振り向きざま銃を抜くコルテオ
「え?」っつって死ぬアヴィリオ!
最終話は、シカゴでシナトラと、今や全米のスタンダードウイスキーになった「LAWLESS HEAVEN」で乾杯して、完!

超怖えええ!!!

さらに裏設定言えば、そもそもの密造酒自体が「ディアスポラ」によって、伝わったユダヤの秘密の酒なんすよ。だから、コルテオの親父は「フリーメイソン」なの。
そんで、裏でコルテオにいろいろ支援してたんすよ。
あの、ファンゴんとこにいる猿顔のあんちゃんとか。
全部紐がついてんの。
「おい、お前。あの死体の行方見とけ」っつって。
ネロの弟がヤッてたヤク卸してんのもこいつら。
ファンゴしばいてた太っちょの愛人もこいつら。

そんでそのまま、ベガスからハリウッドまで牛耳って終わり。
「エンドクレジット」明けは、ミサやるんだ。ベルセルクみたいな黒ミサ。
それを、玉座の上からつまんなそうに眺めるドン・コルテオーネ。
映写機の音がカラカラして、白文字で大きく「THE END」。

うおおお、怖えええええ!!!
やっぱ世の中こいつらに牛耳られとるんやー!!!!わたー!!!

ギャングものかと思ったら、ツインピークスみたいな変則ノワールものっていうね。

まー面白いですよね。91DAYS
まだ、「DAY 8」っていうね。
続きが楽しみです。


「91Days」ティザーPV