読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

<告知>「冬コミ2日目(12.30)で、しもぴーさんの『茶畑球場』のブース」に来てね!

イベント オススメ

※ こちらはイメージ画像です
咲-Saki- Portable BEST
OFFICIAL ANNOUNCEMENT!!!! → 冬コミ告知 - 茶畑球場プレスルーム


特報!
わずか半年の制作スパンで、しもぴーさん率いる『茶畑球場』が、待望のサード・アルバム(新刊)を引っ提げて、今冬の「コミックマーケット91」で、DOUJINシーンにBACK AGAIN!!!

サークル名:「茶畑球場」
日時:2016年12月30日(金曜)2日目
場所:東京ビッグサイト 東 Q-23 b

内容は「全放送回のゲスト一覧表」「『新番組全部見てみた件』の期待値ランキング一覧表」という二大特集になっております。そしてそして、しもぴー先生の「書きおろし新作ブヒ部」も収録されております。また、ボーナストラックとして『新番組全部見てみた件 side B』のランキングも、国内盤に収録されているとのスクープを、当ブログに極秘で教えていただきました。
そしてまたしても、今回もfeaturingとして、わたくしこと「なでこSMILE」のブヒ部も、参加させていただきました。タイトルは「『とある科学の超電磁砲』の白井黒子さんをデートに誘う」です。

今回の二大特集、これはまた、しもぴーさんとんでもないものを作ってしまいました。
これは同人誌というより、もはや事件です。
つまり、この本さえあれば基本的には「音声」で確かめるしかなかった、過去回のゲスト回とランキングが、一目でわかるようになったということです。
そうです・・・。
しもぴーさんは今回、辞書を編んだのです!!!
まさに『とある魔術のインデックス』。
これから出される「10万2997冊」の魔導人書の、第三冊目!!!
どうぞ、お買い求めください!
「あ~、ダメだ。年末は、毎年ハワイに行っちゃう!オー・ジーザス!」という方は、通信販売による受付も検討していただけるよう、当記者が責任をもって、説得いたしますのでご安心を!
この本を買ってきて近所の公園で大声で朗読し、「はて。このときどういうことが期待されて、この作品がこの位置にランクインしたのだろう?」ということに疑問を持てば、その部分をピンポイントで聞き直せるではありませんか!
なんという便利さ。
痒い所に手が届くというのは、このことを言うのです。
今日び、これほど同人誌同人誌した、同人誌も世の中にありますまい!

そして、しもぴーさんの咲ちゃんとのブヒ部の書きおろし!
前回、手に入れられなかった方にこそお勧めしたい。
これ一度、「本」で読んでみてくださいな。
熱文字で発表されている「ブヒ部」はあくまで、音声用に修正されていることがよくわかります。
この本など、もはや「咲ちゃんとのデートの日記」を、こっそり盗み読んでいるような、背徳的な萌えがさざ波のように押しよせてくるんですから。
しもぴー先生の活字ブヒ部は「茶畑球場」でしか読めません!!!

あと、今回も私こと、なでこSMILEも寄稿させていただきましたが、この『レールガン』のブヒ部は、正直一番人に見られたくないやつです。
なぜなら、これが私が初めて書いた「ブヒ部」だからです。
これと、あと二本を書いて、どれか採用されればいいやと、思い切って当時「熱文字編集部」に送らせていただいたんですが・・・、あれはえーっといつだったかしら・・・。ほら、こういうときに、昨年夏の「茶畑球場の同人誌:記録の②」があれば便利なわけですよ。こうして、どんどん「熱文字が聞きやすく」なっていくわけです。えーと、あった!「第81回2014年8月の編集室」ですね。
このときに、書いて送ったんですがアホみたいに長いので、より短い『侵略!イカ娘』のイカちゃんの方を採用していただいたわけです。
今考えれば、こっちのほうが気を抜いてるだけあってヤバイですね・・・。イカちゃんにボーリングを教えて、密着するという、あまり社会性があるとは言えないロリコンの姿が、そこにあります。
まあでも、やっぱイカちゃんは可愛いじゃないですか。頭撫でたいですよね。あの触手とか、石鹸でぐにぐに洗ってあげたくないですか?それか、あの真っ白いシャツに墨汁ぶっかけたい。コールタール垂らして、真っ黒に汚染したい。「やめるでゲソ~!海を、私を汚さないでゲソ~!」なーんつってね!!!うう、ダメだ!俺はもう、こういうので興奮しないと、心に強く決めたはずなのに!!!俺の馬鹿!俺の馬鹿!ガンガンガンガンガン!!!!ボキッ!

ともかく、本来ラジオなどに投稿した文章は、もうそれだけで満足してしまうのですが、今回は「初作品」だけあって、個人的にこれをどうしても同人誌の形にして、手元に置いてみたかったので、しもぴー先生のご厚意に甘えて、またまた寄稿させていただきました。痛々しい分、心の暗闇が深いことと思います。これから、ブヒ部を書こうとしている人へ、少しでも勇気を与えられれば、私の死も無駄にはなりません。命ば捨てがまる!!!

ということで、どうか、みなさま!!!
茶畑球場の新刊を買って、またまた「熱量と文字数」を一緒にどんどん聞きましょう!!!
どうぞ、よろしくお願いいたします!!!
それでは最後に「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」を聞いてください。


TVアニメ「がっこうぐらし!」OP映像