「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

「かーずSPpresentsアニメ感想戦ラジオ2016秋の陣 」について!<ネタバレ注意>

f:id:smilynadeko:20170219230817p:plain

※本文内にて、ランキングの内容にネタバレ含みます。未視聴の方ご注意ください。


かーずSPpresentsアニメ感想戦ラジオ2016秋の陣

かーずさんプレゼンツ、アニメ感想戦ラジオの「昨年の秋アニメ分」が公開されました。みなさんは、もうお聞きになられたでしょうか?
今回も私こと、なでこSMILEのメールを、またまた採用していただきました。
どうもありがとうございました。
最後に投稿した内容を再掲させていただきます。

ということで、今回はラジオのランキング一位をどうどうとネタバレして感想を書きますが、かーずラジオ「2016年秋アニメランキング、第一位、響け!ユーフォニアム2」ということで、いやーみなさん、今作を一位に選んでいただいて、本当にどうもありがとうございました!途中からずっと緊張して聞いていました。こんなに緊張したのは、関西大会の結果発表以来のことです。嬉しかったですねー!
私にとっては今作は、秋アニメどころか、一年を通して第一位。一期から通して言えば人生のオールタイムベスト級の作品となりました。というより、放送開始のずいぶん前から二期の内容を予想して、イカれた文章をブログに載せたりと、とにかく「響け!ユーフォニアム」についてはずーっと痺れっぱなしの生活を送っていました。つまり信じる者が、救われたというわけです。

今も、ブルーレイの第三巻で、「三日月の舞フルバージョン」を見ていたんですが、あらためて見てみても、やっぱりこのシーン変態ですよね(笑)。絶対頭おかしいでしょ、これ。実写で言うと、映画「スネークアイズ」の冒頭とか、タルコフスキーの「ノスタルジア」とかの、「変態長回し」を思い出させられる、凄まじいシーンですよね。音が途切れないから、一発録りに感じるんだと思います。他で言えば「プライベートライアン」の冒頭15分みたいな。あれはワンカットじゃなかったかな?
舞台袖で夏紀先輩や葉月ちゃんたちの祈りが、天に届くように、漏れてくる光の筋をパン・アップする演出とか、もう神々しいほどでした。
あと、かーずさんが仰っていた、久美子が吹けなかった部分を約束通り関西大会で吹き切って見せる。それを見て、にやりとする滝先生。そして、秀一とあすか先輩の一瞬の目の会話とか、これらの感動は、おそらくアニメでしか表現できない手法から、生まれたものだったに違いないと感じています。実写でやるには濃すぎるか、薄くなりすぎますからね。

本作はそうした要素の、まさにせめぎ合い。アニメ表現にそもそも備わっているあざとさと、それを自然に見せる工夫。それを、確実に実写の分野であろう「吹奏楽部の演奏」というテーマで戦いを挑んできたのは、あっぱれとしか言いようがありません。そしてその試みは、確実に勝利を収めていたと思います。
今作は、実写でも表現できることを、わざわざ「アニメ」ならではの文法にトランスレーションすることで、新しい映像表現を作り出して見せた、「氷菓」から続く京アニ写実主義作品の、一つの到達点と位置付けることができるでしょうね。

あと、かーずさんが「優子、優子!」と連呼されるので、私まで優子ちゃんが好きになって来ましてね・・・。第三巻のジャケット見てるだけで、勝手な妄想をして泣けます。これ、公園のジャングルジムで夏紀先輩と話してるんですが、実はもう卒業してしまった、香織先輩のことを話してるのかな?とかね。
優子ちゃんのリボンが、黒→黄色→赤と代わるのを注意して見てたりしました。合宿でのお風呂上りは、白いバンダナでしたね!あれ、あの北宇治の体操服と思しき、ハーフパンツ(オフィス北野みたいな『K』の字が入っているやつ)といい、男が絶対着れないモコモコした上着といい、「合宿中の女子感」が、たまらなく出ていて最高でした。確か三平さんも『二次妻Hz』で、このバンダナ姿褒めてましたよね。あの上着だけ長袖で下ハーフパンツな女子。あれ、俺の好きなやつです。
とにかく、合宿とか試合前日の寝間着姿がみんな可愛いくてたまりませんでした。全国大会前夜の秀一と二人っきりのときの久美子ちゃん、可愛かったわ~。油断してる、みんなやっぱ油断してるぜ!く~!

ところで、みなさんもうご承知のことかもしれませんが、この合宿のシーンでみぞれ先輩がスマホでリズムゲーやってて、久美子が外に寝れないから出てきて、一緒に話すシーンがありますが、あの後ろに咲いてる白い花、オシロイバナが咲いていますが、あの花言葉は「内気、臆病、恋を疑う」ですからね。あのときの、みぞれ先輩の心情にぴったし!
あと花で言うと、OP冒頭に写るひまわり畑で、中央のつぼみと、ひとつだけ違う方向を向いて咲いている花は、「特別」や「先輩後輩」という意味があるんじゃないかと、深読みしても面白いですね。だってひまわりってみんな、同じ方向に咲くじゃないですか。まあしかし、これは考えすぎでしょうね(笑)。
他にも、この辺の京アニお得意のこのフラッシュバック演出の中じゃあ、「葉月ちゃんが、文庫本を読んでる麗奈に、何読んでるの?って感じでもたれかかる」のとか、ちょっと「こんなとこ撮んないでよと、カメラを手で隠す夏紀先輩」とか、最高に好きです。夏紀先輩があんな邪険に嫌がるということは、まず間違いなく優子先輩が撮ってるわけですよ!ですよね?

と、ことほど左様に語りだしたら止まらないアニメ(笑)、「響け!ユーフォニアム2」。これはもはや、全十三話の映画です。ブルーレイ第四巻が待ち遠しい!
しかし、三巻の映像特典の、麗奈のメイド服姿は、たまりませんでした。
なんだか、ラジオの感想ではなく、ユーフォの感想になってしまいましたね。どうもすみません。
それでは、またかーずラジオ、次回の放送も楽しみにしております。



響け!ユーフォニアム2」の感想

本作は、京都アニメーションがこれまで制作してきた、テレビアニメーションのなかでも、トップレベルの品質と完成度を誇る、完璧な作品でした。
私は学生時代、京都に住んでおり、宇治川の方にも、宇治川花火大会などで、よく遊びに行っていたのですが、あの大きな川と、せり出した山がせまっているところに、水のにおいが立ち込めている雰囲気が、本当に実際の情景そのままで、フィルムを見る度に、いつも大変驚いていました。
これまでも、ロケーションの雰囲気を表現することが、大変うまいスタジオでしたが、今作はスタジオが作品の舞台に近いということもあり、製作者の方々が普段目にしている環境が、一番色濃く、反映された作品になったのではないかと思っています。

また、リアルな物語だからこそ、時々顔を出す「萌え」の爆発力たるや、素晴らしいものがありました。
例えば、自宅の廊下を「ドスドス」と、はしたなく音を出して歩く、久美子ちゃんには、萌えまくりました。
他にも、夏紀先輩の、文化祭でのメイド服姿などは、可愛すぎて死ぬかと思いました。
ですが、やはり一番ぐっときたのは、優子先輩と夏紀先輩の「トムとジェリー感」で、これまでも「中二病でも恋がしたい!」での、ニセサマーとデコもりのコンビなど、大好きなものがたくさんありましたが、今作が、そのなかでも最強でした。
ですので、最終話で二人が、部長と副部長になるという展開には、完全に舞い上がってしまい、京アニ信者友達のかーずさんに、「このアニメ、俺が作ったんじゃないでしょうか?」と、血迷ったメールを送ってしまうほどでした。
すると、「いや。僕が考えたんです」という返事をいただいたときには、頭がイカれているのは、自分一人ではないんだなと、大変勇気づけられました。
京アニスタッフの方々、素晴らしい作品を作っていただきどうもありがとうございました。

(約760文字)


<追記:2017年3月13日>
2017年3月12日付のかーずさんのブログに『ユーフォニアム2:スペシャルルポ』が掲載されています。祝二期、劇場版!まじでありがとう!!!
たぶん最速!『響け!ユーフォニアム2』劇場版の発表もあった、『響け!ユーフォニアム2』スペシャルイベントレポ - かーずSPの戯れ言