「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメや漫画などについての、自分の思いを記録するブログ

アニメ「冴えない彼女の育てかた♭」の第9話を見た!

冴えカノ、面白いですね!
特に先週の8話から、ちょっとブーストかかってません?
一期や二期の最初の方は、これはシャフトの「化物語」みたいな、キャラクターの語りがメインの作品なんだなー、などと結構余裕をもってみていたのですが、最近かなり心を掴まれてますね。なんでだろう?
高校生のラノベ作家と有名同人作家が同じ学校にいて、しかも超絶美少女!とか、まあ現実にはないよねーなどと、結構設定に油断していたんですけども、8話の加藤恵の隠れた本気具合とか見てたら、結構入れ込みましたね。
そしてこの9話で、詩羽先輩の「ごめんなさい」を見た後、電話での英梨々の泣き声を聞いた時、「うおマジか!」と思いましたね。
そんだけ、8話の加藤のサークルに対する思いに打たれたんだと思います。
最終話に向けて、展開がハードに移った、と思ってはいるんですけど、(まあよくない見方ですが)、あれだけ倫也の企画書を爪を噛みながら喫茶店で読み込んで、プロとして出した答えが、企画書として面白いほうに行く、なぜなら私はプロだから、と言われると、軽く絶望感がありました。「冴えない彼女の育て方」って名前のゲームの企画書なのに!
それだけ私が今作を、「高校生のプロって」とか思いながらリアリティーを持って見ていた証拠でしょうね。今作にモノづくりをするシーンで、現実的な説得力があったんだと思っています。
舞台が学校と自宅の部屋と通学路くらいしか出てこないアニメなので、2クールの期間、同じ場所でドラマを繰り返されると、その世界に愛着や思い入れが出て来ますよね。
限られた舞台で時間をかけて思い入れを強調する、つまり、今作はギャルゲーと同じ文法で作られているアニメなわけです。もちろん、それを可能にしたのは、今作のクオリティーなわけですけども。原作も1巻だけ読みましたが、ギャルゲーを作っている方が書かれていたみたいですし、その影響もあるかもしれません。
そのハイクオリティーで、もっと安く仕上げることができるプロットを、これでもかと丁寧に作りこんでいるのが本作の魅力だと思います。
そしてこの、制作の舞台裏を見せるという方法は、「SHIROBAKO」でもそうでしたが、メタ的にやられると余計に作品に引き込まれる部分があるのでしょうね。いつの間にか、倫也と同じようにゲームを作る側の視点で、アニメを見ていた自分に気づかされました。
数年ぶりに、見終わって心地よいへこみを感じる話でした。
こういう久しぶりな体験もっとしたい!なぜらな鬱展開は、オンタイムで見るなら、最高の視聴体験ですからね。できればハッピーに終わって欲しいですけど。