「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

アニメ、漫画、映画、ゲームなどについての主観的な感想を書くブログ

アニメ「ゴールデンカムイ」第七話を見た!<ネタバレあり>

ゴールデンカムイ、面白いですよね。
アニメ版になって、原作にあるアクションシーンにも説明書きを入れてくる、いわば冨樫義博みたいな語り口がまるごとオミットされて、メインストーリーを追いかけることに集中しているので、見るのが非常に楽でいいです。
原作もののアニメ化にあたっては、ただでさえ映像になって情報量が増えているので、こうした引き算の演出の方がうまく行きやすいんじゃないでしょうか。むろん、原作の力がそれだけないことにはできないことではありますけど。

レタラの家族が出てきて、子供の狼が四匹並んでるのをみて、ようやく「MAN WITH A MISSION」が主題歌を担当している理由に気が付きました。遅いですねー。曲がアニソンアニソンしてなくて、いい感じにレイドバックしてていいですよね。ヒャダインの真逆の良さみたいなね。

それにしても、エドガイ君とか、シートンのおじさんとか、アニメでやるにはかなりキツイキャラクターが出てくるのはどうするんでしょうか!?これが目下一番楽しみです。
というか、脳みそとか内臓のリアルさ加減もどこら辺に照準を合わせてきているのか、というのも見ていて面白いです。脳みそはもっと白い方が美味そうで、よかったんじゃないか!とか。
ズーフィリアとネクロフィリアはどちらがアニメ化しやすいのかしら。

あとやっぱり金塊ですよね。ロマンがあります。なぜ金塊にロマンがあるのかというと、いまだに発見されずにあるんじゃないか!?という説得力につきると思います。
それに明治という近過去という設定も堪りませんな。現在の技術と地続きなので、比べやすいという、これまた想像するのに断絶がないから、乗りやすいんだと思います。

まあ、だから全部面白いんですよね。
で、味が散漫になるかと思ったら、たぶん絵力のお陰でまとまっているという。これは原作ですけども。

アニメは繰り返しになりますが、その点少しアドベンチャーの面白さに寄せてる気がします。